BLOG
  • コラム

【ちょっとマネ知識】明治時代の1円、現在の価値は?

2022.6.24

明治時代の1円、今何円?

ちょっと気になるマネーの豆知識をご紹介!今回は明治時代のお金の価値を解説します。

明治時代の1円は現在の2万円

明治時代の初任給からお金の価値を計算しよう。

明治30年ごろの小学校の先生の初任給は月に8~9円でした。
今の初任給から考えると、明治時代の1円は現在の2万円くらいと言えますね。

明治時代のあんぱんは1銭

東京銀座・木村屋総本店の「あんパン」は明治38年に1個1銭だったそうです。現在の価値であらわすと(1円=2万円として)およそ200円。「うどん・そば」は2銭で、現在の価値だと400円でした。

明治時代の高価な飲み物とは…?

明治時代の高価な飲み物といえば、ビールです。ビールは大瓶1本が19銭、今の価値でおよそ3,800円でした。とっても高価ですよね。

さらに、今では考えられないほど高価なものが…

明治時代、今では信じられないぐらい高価だったもの。それはアメリカ製の自転車です。1台200~250円で売られていました。
今の価値で400万円相当のお値段。自転車じゃなく、自動車が変えてしまいますね。
お金とモノの価値が、時代の流れの中で大きく変わったことがわかります。

ウメソーでは「お金の知識が身につく」セミナーを開催しています

ウメソーでは資産運用を分かりやすく解説した「マネーセミナー」、最新の相続対策を解説した「相続対策セミナー」、子どもの金銭教育を目的とした「キッズマネースクール」など、お金の知識が身につくセミナーを定期開催しております!
今後の開催日程はセミナーページでご確認ください。

このページをシェアする

Share

ウメソーをフォローする

最新の投稿

よくあるご質問(FAQ)

お客さまから寄せられる、よくあるご質問と回答をご案内します。
CONTACT
どんな事でもお気軽にお問い合わせください。