BLOG
  • コラム

保険の掛け捨てタイプと積み立てタイプの違いとは?

2022.1.12

うめピィ
掛け捨てタイプと積み立てタイプって何が違うんだピィ?

うめパパ
それぞれのメリットとデメリットを解説するよ!

掛け捨てタイプの生命保険

解約返戻金や満期金が少ないか、もしくは全くなく、その分保険料が抑えられている生命保険のことです。定期保険が該当します。

掛け捨てタイプのメリット

積み立てタイプに比べて、同じ保障内容でも保険料が安いことが掛け捨てタイプの大きなメリットです。
効率的に手厚い保障を準備したいときに適しています。

掛け捨てタイプのデメリット

その名のとおり、支払った保険料は解約しても戻ってきません。

積み立てタイプの生命保険

解約するとある程度のお金が戻ってくる、保障と貯蓄の二面性をもった生命保険のことです。

積み立てタイプのメリット

保険に加入していることが貯蓄を兼ねているため、金融資産になります。
商品の中には、支払った保険料より戻ってくるお金が下回ってしまう場合もあります。
その点についてはしっかりと確認が必要です。

積み立てタイプのデメリット

掛け捨てタイプより保険料が高額になります。
特約が掛け捨ての場合が多く、保障期間が限定されてしまうこともあります。

広島で保険のご相談ならウメソーへお任せください。

自分にあった保険は「掛け捨てタイプ」か「積み立てタイプ」か。
ご自分で調べるだけでは不安だという方は、「保険のプロに相談する」という選択肢も検討してみませんか。
広島で保険のご相談なら、創業40周年の保険代理店「株式会社ウメソー」へお任せください。
来店・訪問・オンラインで、無料の保険相談が可能です。

ご相談はこちらから

無料相談予約
ご予約フォーム
店舗一覧
お近くの店舗をチェック

このページをシェアする

Share

ウメソーをフォローする

最新の投稿

よくあるご質問(FAQ)

お客さまから寄せられる、よくあるご質問と回答をご案内します。
CONTACT
どんな事でもお気軽にお問い合わせください。